「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」に向けてインタビュー⑤柳田詩織


灯台とスプーン第五回公演「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」に向けてインタビュー第五弾は、柳田詩織です。今回の作品に向けて、どのように向き合っているかを聞いてみました。

一層たたかうつもりで向き合っています

「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」なんて、いつにも増してファンシーなタイトルでしょう?田村のことば選びはいつだって冴えていますが、今回のそれはとくに秀逸だと思います。

簡単なお話の紹介としては、あらすじなどにも出ていますが、レズビアンのカップルに育てられた女の子・つぐみのお話です。
今回、可愛らしいタイトルの響きとは裏腹に、一層たたかうつもりでこのお話と向き合っています。どこか、自分のことだとして捉えている節もあるからです。

 

「女らしくしなさい」が得意じゃなかった

そもそも、わたしがお芝居をはじめたのは、役を演じるということに、自分以外のなにかになれるということに、豊かな可能性を感じたからでした。
幸い周りから強要されたことはありませんが、昔から"女の子らしくしなさい"があまり得意ではなく、どちらかといえば、男の子と走り回ったりケンカしたり、弟と一緒に戦隊モノのマネをして遊ぶような子どもでした。あ、本読みとごっこ遊びは好きで、それが今に繋がっているような気はしますね。
三つ子の魂百まで、とはよく言ったもので、そうやって過ごした幼少期は、やっぱり今の自分の基盤になっています。

例えば(自分が身につけるものとして)メンズのお洋服なんかには惹かれますし、残念ながらサイズが合わないので、世の中うまくいかないなぁと、よく思ったりします。
かといって、ピンクが嫌いな訳じゃない。たまには、細いヒールやお気に入りのスカートでお出かけしたいし、メイクだって楽しみたい。ふくざつなんです。
でも、きっと、思い当たる方、結構いらっしゃると思うんですよ。

「そんなことあたり前」の話に、いつかなって欲しい

今、わたしは、とても個人的な嗜好の話をしましたが、同じことが社会においても言えると思います。"男性はこうあるべき"や"女性はそんなことをしてはいけない"って、息苦しくなりませんか。恋愛だって、そう、もっと自由でいい。
もちろん、身体的な違いはありますが、それって、左利き、視力がよくない、くらいの個性のひとつにならないものなのか、と、いうようなことを、いつも考えているのです。世論が少しずつ動き始めているけれども、現状の社会ではなかなか難しいこともわかっています。

稽古を続けていく中で、いつか「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」に出てくる人たちや関係性が、ありふれたこととして出会えたら、という夢は見ます。役割なんて関係なく。男だって女だってどっちでもいい。好きな人に好きと伝えられて、お互いに慈しみ合えて、もしかすると、家族が増えることもあるかもしれない。

そんな当たり前のかたちのひとつとして、皆さまに「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」をお届けできたらと思います。

 

稽古について

12月公演は、同世代の女性たちが集まった座組です。

「山羊王子」の脚本との縁を感じるメンバーだと思うし、女性たちだけで、しかも同世代が集まって、という状況に対して意義を感じています。

例えば「つぐみの母親」になる人たちはもっと年上の方がやった方が説得力があるのでは、と最初は思っていたのですが、あえて同世代でそれをやったらどうなるんだろうというところでキャスティングしました。この世代の女性って、独身だったり、結婚したり、転職したり、母親になったり、「女」としての形の選び方にとても可能性があると思っていて。これからどうなっていくかを自分で選んでいける世代が、今回の物語でどんな演技をするのかとても興味があって。

稽古は相変わらずなのかもしれませんが、肩肘をはらずにいろいろなことを相談しながら進められているので、「どうしたら作品がよくなるか」以外の心配をあまりしていません。経験豊かな客演さんに囲まれているので、本当に助けられています。ありがたいなあ。

灯台とスプーンのこれからについても少し

これからも、人を肯定する作品を作っていきたいとは思っています。そうだなあ、今思ってるのはいろんな地域に届けられるようになりたいな、というところです。たとえば、思いつきですが「海をわたる獏」を気仙沼でやる、とか。福岡だけでなく、外に出ていくことも視野に入れていいんじゃないかな、なんて。

ですが、まずは12月と2月、しっかりこの作品に向き合っていきたいです。
ぜひ、一緒に味わっていただけますと幸いです。

 

灯台とスプーン第五回公演「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」

2018年12月公演


12月9日(日)15:00/18:00 @福岡市赤煉瓦文化館
12月公演詳細はこちら チケット予約はこちら

2019年2月公演


2月22日(金)20:00、23日(土)13:00/16:00/19:00 @konya-gallery
24日(日)14:00/18:00 @福岡市赤煉瓦文化館(※24日のみ会場が変わります)
2月公演詳細はこちら チケット予約はこちら(12/9よりチケット予約開始!)