「狐/真夜中の共謀」客演さんご紹介 Loveカルテット・浜松愛さん


浜松さん

「狐/真夜中の共謀」客演・浜松愛さんについて

Loveカルテット所属の浜松さん。旗揚げ公演では民俗学研究室の教授、紅音(あかね)の役でご協力頂いています。

座組の中では最年長の浜松さんですが、一緒に作品づくりをする中で、その朗らかさに救われています。芝居が本当に大好き!な方で、「バラしの時間が一番元気」という、舞台に立つことそれだけ喜びを感じられる、ちょっと羨ましい側面も。

稽古の中で「ひとつの役に2時間ほどかけて全員でブレインストーミングをする」というフェーズがありました。浜松さんはその後飛躍的にイメージを膨らませ、「皆(幕が下りた後のそれぞれの登場人物)こうなっているかもね」という、役の未来の想像まで共有していただき、とても驚きました。

今回の役「紅音」は、女性性をなるべく脱ぎ去り、人としての魅力が表れています。まだ知らない女優・浜松愛の一面を観ていただけると思います。

 

浜松さんよりコメントを頂きました。

皆様、こんにちは。リーディング専門ユニット『Love カルテット』の浜松 愛(めぐみ)と申します。私は、朗読劇という『声のみの芝居』から表現の世界に入ったのですが、現在は、朗読・芝居・歌など・・舞台を中心に色々な表現活動をしています。

今回の作品は、ファンタジーの要素もありつつ、場面の展開も早いのですが、舞台と客席の距離が近く、想像力を膨らませながら楽しんで頂ける作品だと思います。また、各々の心の変化や、後半のストーリー展開も見所だと思います。前半では、予想外に?・・ちょこっと踊る楽しいシーンなどもあるので、その辺りも楽しんでもらえたら嬉しいです。

私が演じる『紅音(あかね)』は、自立した女性で、あまり女らしいタイプではありません。でも、実は父性と母性を併せ持つ・・そんな一面もお見せできたらなと思っております。
また、演出の田村さんは、とてもアーティスティックで素晴らしい感性をお持ちの方で、その世界で生きれる瞬間を私自身も楽しみにしております。皆様にも楽しんで頂けたら幸いです。

この度、旗揚げとなる『灯台とスプーン』さん、ほんわかした雰囲気で、メンバー3人が各々に得意分野を持っている、バランスの良いチームという印象です。
大切な旗揚げ公演に客演としてお声かけ頂き、素敵なご縁をとても嬉しく思うと同時に、今後が楽しみな注目のユニットだと思います。是非、ご注目下さい!

皆様に楽しんで頂ける様、みんなで本番まで思いっきり駆け抜けます。劇場でお待ちしてます!

 

 

浜松さん、ありがとうございました。