第5回公演「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」終演しました


灯台とスプーン第5回公演  「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」12月公演と2月公演、無事に終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、応援・協力・気にかけてくださったみなさま、誠にありがとうございました。

12月公演のお披露目、そして作品を育てる目的で期間をあけて上演した2月公演は、ダブルキャスト・2会場と、座組み・スタッフの皆さんを巻き込んだチャレンジとなりました。

 

Twitterでいただいたご感想

 

 

 

 

 

 

アンケートでいただいたご感想は、別の記事でご紹介いたします。

 

キャスト紹介と集合写真

左から順に、

黒えつこ:亀岡紋加
黒けいこ・白もとこ:成清 暁子(非・売れ線系ビーナス
白えつこ:大石 希(unitでたまく
黒つぐみ・白けいこ:柳田 詩織(灯台とスプーン)
黒アトリ・白つぐみ:福田 みゆき
白アトリ:いりえ とく
黒もとこ:松尾 佳美

公演最終日にチーム別で撮影したかったのですが、終演後に某氏の衣装が破れるなど小さなハプニングがあり、全体での集合写真となります。

 

konya-galleryでのスタッフさんも含めた集合写真です。
左から花森もも、亀岡紋加、成清 暁子(非・売れ線系ビーナス)、大石 希(unitでたまく)、柳田 詩織(灯台とスプーン)、田村さえ、福田 みゆき、いりえ とく、松尾 佳美、平埜香里、菅本千尋(Yb イッテルビウム)

 

こちらは赤煉瓦文化館での集合写真です。写真はおなじみ、みー太郎さん。

それぞれの上演写真はこちらからご覧いただけます

12月公演(赤煉瓦文化館くろやぎver)

2月公演(konya-gallery しろやぎver)

2月公演(konaya-galleryくろやぎver)

すべての上演を終えて

灯台とスプーンはこれまでも、女性的な視点から抱く社会問題や違和感などを織り交ぜつつ「どうやって生きるか、どう社会とつながりたいか」を考えながら作品をつくり、上演してきました。「幸福な山羊王子とおひめさまのはなし」は、ジェンダーとまじめに向き合う、というテーマで、今まで以上に表現するための勇気が必要な物語だったと思います。

稽古場でも、これまで以上に「みんなで話して考える」時間があり、約5ヶ月にわたり豊かな創作の時間を過ごすことができました。客演のみなさんにはたくさんの時間を費やしていただき、非効率な状況を楽しんで参加していただき、本当に頭が上がりません。

そして、今回の公演期間中に新しい仲間も増え(近日ご紹介しますね)、これからますます灯台とスプーンの活動を広げていきたいと思っております。世界中探してもここにしかない演劇をつくり、多くの方に一緒に楽しんで、考えていける場作りを続けていきたいと思います。

今後とも灯台とスプーンを何卒よろしくお願いいたします。

 

おまけ

愉快な座組みでした。約5ヶ月の間、ありがとうございました!